CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
日記なんだと思う。

■用語解説■
たねなし【たねなし】
 原語は、実の中に種が存在しないゴマである「種無しゴマ」。つまり、「中身がない」とか「意味が無い」こと。(☆zumi)

 しょうたと☆zumi(+α)のユニット名?
 実際はまだ中身がなく、空である。(しょうた)

類義語:
 「種無し葡萄」「種無し蜜柑」
 (ただし、これらはゴマと違い種子を可食部としないため有用性をもつ。)
 (ちなみにしょうたは蜜柑と葡萄なら葡萄派……理由「皮剥くの面倒だから」……葡萄の農薬は気にしないのか?)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ナンバーワンとオンリーワン
ナンバーワンにならなくてもいい
もともと特別なオンリーワン

ちょっと前に大ヒットした曲の一部分です。
大抵のひとが一度は耳にした事があると思います。

この歌の歌詞につて皆さんは同感じられたでしょう?

良い詩って思われたでしょうか?
大ヒットした曲ですしやはり良いと思われた方が多いことでしょう。

結局、何かを競いあい、勝ち抜いて1番にならなくても、
お互いの個性を理解しあえばそれぞれ誰もが輝いて見えるってことですよね?

しかし、本当にそれがすばらしいことなんでしょうか?
私はこういう考え方をしている連中に対して非常に嫌悪感を感じる。

「ナンバーワンにならなくてもいい」
それは、誰かと競い合い自分の能力を伸ばす努力を惜しんでもいいって言ってるに等しいのではないだろうか?
「もともと特別なオンリーワン」
だれとも違う自分。
他人とは違う価値観を持っていること、それだけでいった何ができる?

個性って競いあう能力の中に個性が見えるからすばらしいんじゃないだろうか?

トリノ五輪依頼ブームの続くフィギュアスケート。
荒川選手が良い例ではないだろうか。
各国の選手が高度な技術で金メダル(ナンバーワン)を狙うなか、荒川選手は魅せる演技・自分らしさ(オンリーワン)にこだわった、的な報道がよくされた。

つまるところ、オンリーワン精神がナンバーワン精神に勝ったわけだ。

しかし、本当にオンリーワン精神の結果だろうか?
荒川選手が自分の能力を伸ばす努力もせず、自分らしさの表現ばかりを考えていただろうか?
いや、あらゆる大会でナンバーワンになるために果てしない苦労をされたはずだ。

ナンバーワンになる演技をすること、そしてオンリーワンの演技をすること、二つの精神が折り重なった荒川選手の演技だからこそ世界が認めるすばらしい演技ができたのではないだろうか?

「ナンバーワンにならなくてもいい」
なんて思ってる連中が持ち合わせている、
「もともと特別なオンリーワン」
なんて他者からすれば評価にも値しなければ、それに目を向けるだけの価値すらもない。
私はそう思うのだが、どうだろう?
| ネガティブ | 00:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
怠惰
最近、非常に怠惰である。
怠惰というよりはむしろ無気力だろうか。
仕事が終わって、家に帰っても何かしようという気にならない。

昔のように絵を絵を描きたいという強い衝動はおろか、
買ったばかりのゲームですら、数回プレイするとやらなくなってしまったりすることもしばしば…。

ベッドに横たわっているのも苦痛。
ただ、テレビを見ているのも苦痛。
Webページを見ているのも苦痛。
漫画を読むのも苦痛。
だからといって、絵は描く気がない。
持ち帰った仕事もやる気がない。
ゲームをやっても面白くない。
何をやっても充実した時間がすごせていない気がしてならない。

自分が何をしたいのか、何をするべきなのかが良くわからなくなっている…。

逆に絵を描かずにはいられなかったころは何をやっても楽しかった。
1分、1秒でも時間を無駄にしたくなかったのに…。

以前のように、絵を描けたらって思うのに、それを拒んでいる自分がいる。
どうしたらあのころのようになれるのかな…。
どうしたらあのころと比較しなくてよくなるのかな…。
| ネガティブ | 21:12 | comments(8) | trackbacks(0) |