CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
日記なんだと思う。

■用語解説■
たねなし【たねなし】
 原語は、実の中に種が存在しないゴマである「種無しゴマ」。つまり、「中身がない」とか「意味が無い」こと。(☆zumi)

 しょうたと☆zumi(+α)のユニット名?
 実際はまだ中身がなく、空である。(しょうた)

類義語:
 「種無し葡萄」「種無し蜜柑」
 (ただし、これらはゴマと違い種子を可食部としないため有用性をもつ。)
 (ちなみにしょうたは蜜柑と葡萄なら葡萄派……理由「皮剥くの面倒だから」……葡萄の農薬は気にしないのか?)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
優しさも真心
恋は下心、愛は真心とはよく聞く言葉ですが、
本日、新しい格言じゃないですけど発見しました。

きっかけはとあるBGMの曲名を見ていたときに
「なんでこれ、こんな題名なんだろう……」
と思ってその意味を考えているときに「ピン!」ときました。
なんでそのままの勢いで書き込みをしてみたり(笑)。

まぁ、そんな大した言葉ではないですけど。

「優しさも真心」

優しさってなんだろって思ったときにこの言葉が自分的にしっくりきた感じがしました。

ま、言葉で言ってみても、実際に誰かに優しくするって、すごく難しいわけだけど。


----
まごころ 2 【真心】

他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意。
----
(goo辞書(http://dictionary.goo.ne.jp/)より引用)
| 教養・雑学 | 04:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
郵政民営化をまとめてみる……第一回
速攻の時事」という本を買って、ちょっと教養の勉強。

今日は「郵政民営化」関連法についてちょっとまとめてみる。
こうやって人に説明するってことは頭の中で整理しなきゃいけないから覚えるのには重要な作業なのさ、きっと。

☆郵政民営化
 2005年に成立した郵政民営化関連法は8月の衆議院解散→9月総選挙で自民党の圧勝、10月に特別国会での成立と大騒ぎでした。


☆郵政民営化の大雑把な内容?
 郵政民営化は2007年10月から開始され、2017年10月に完了(完全民営化)が予定されている。

 主な内容は今まで郵便局で行われていた「郵便」「郵便貯金」「簡易保険」の郵政3事業を持ち株会社の元、4つの事業会社に分社化させること。

 4つの事業会社ってのは
「郵便局会社」 ……主に窓口業(郵便、郵貯銀行、郵便保険の窓口業務の受け付け)や自治体の窓口業務、文具、日用品の販売、旅行代理店のサービスを行われる予定。

「郵便事業会社」……郵便事業だけでなく、より広い範囲の物流の取り扱いを予定。郵便事業については民営化後もユニバーサル・サービス(全国均一サービス)を義務つけている。

*ユニバーサルサービス
すべての人のために提供されるサービス。地域・所得などにかかわらず利用できる電話サービスなどをいう。
〔地域差に依らないサービスの場合,全国一律サービス・全国均質サービスともいわれる〕(goo辞書より)
(余談:「ユニバーサルデザイン」って言葉もあるらしいんだけど、これも全ての人へのデザインって意味では均一のデザインって意味にも受け取れますね。)

「郵便貯金銀行」……民営化完了後に銀行法や保険業法が適用されるらしく、預け入れ限度額などの規制がなくなり、融資事業にも参入可能になるらしい。(これまでは参入できなかったってことだろうか?)
「郵便保険会社」……これも「郵便貯金銀行」同様に銀行法や保険業法が適用されるらしく、医療保険やがん保険なども始めることも可能らしい。(これまでの簡易保険をもっと知らないと理解したって気分にはならないっぽい)

☆国営→民営化にむけて
 今までのは国の予算でやりくりをしていた郵政をどうやって民営にしていくのか?
 まず必要なのはなによりもお金(苦笑)。
 郵便貯金銀行と郵便保険会社は持ち株を売却、10年後の完全民営化を目指す。
 ただし郵便局会社と郵便事業会社については日本郵便会社が100%出資するらしい。<これってどういうことだろう?

 持ち株と政府の関係は当初は100%出費→段階t系に株式の処分→2017年10月以降に政府は1/3以上の株式を保有することになっている。(これは国際的な企業買収を避けるためらしい)

☆簡易年表
 2001年  :郵政省が省庁再編で解体「郵政事業庁」になる。
 2003年  :公社化→国営企業「日本郵政公社」誕生。
   信書便法の施行により、郵便事業への民間参入が可能になる。<?
 2005年10月:郵政民営化関連法成立。
   地域限定の参入をする特定信書便事業者は132社。
   全国前面参入をする一般信書便事業者は未だに加盟社0.
 2007年10月:郵政民営化開始。
 2017年10月:郵政民営化完了予定。

☆まとめ
 本の内容をざっとまとめてみたけど、ただまとめただけって感じが拭えない。
 勿論内容を覚えることも大事だけど、民営化される前の状況と何が不満で郵政民営化が起こったのかってところまでちゃんと把握したいなぁと思う今日この頃。

おかしいところ、補足やら、分からないところ(ありすぎ)などご指摘ありましたらよろしくお願いします。

| 教養・雑学 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |