CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
日記なんだと思う。

■用語解説■
たねなし【たねなし】
 原語は、実の中に種が存在しないゴマである「種無しゴマ」。つまり、「中身がない」とか「意味が無い」こと。(☆zumi)

 しょうたと☆zumi(+α)のユニット名?
 実際はまだ中身がなく、空である。(しょうた)

類義語:
 「種無し葡萄」「種無し蜜柑」
 (ただし、これらはゴマと違い種子を可食部としないため有用性をもつ。)
 (ちなみにしょうたは蜜柑と葡萄なら葡萄派……理由「皮剥くの面倒だから」……葡萄の農薬は気にしないのか?)

<< 月明かりの帰り道 | main | 信じること? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
優しさも真心
恋は下心、愛は真心とはよく聞く言葉ですが、
本日、新しい格言じゃないですけど発見しました。

きっかけはとあるBGMの曲名を見ていたときに
「なんでこれ、こんな題名なんだろう……」
と思ってその意味を考えているときに「ピン!」ときました。
なんでそのままの勢いで書き込みをしてみたり(笑)。

まぁ、そんな大した言葉ではないですけど。

「優しさも真心」

優しさってなんだろって思ったときにこの言葉が自分的にしっくりきた感じがしました。

ま、言葉で言ってみても、実際に誰かに優しくするって、すごく難しいわけだけど。


----
まごころ 2 【真心】

他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意。
----
(goo辞書(http://dictionary.goo.ne.jp/)より引用)
| 教養・雑学 | 04:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:33 | - | - |









http://tanenashi.jugem.jp/trackback/62